Patina,

Patina,とは、英語で「侘び・寂び」に近しい言葉。

古くから日本の寺院仏閣建築で用いられてきた、栗材・山桜材。
美しい木肌は、無駄を廃した設計に温かみを持たせ、しっとりと肌に馴染んでいく経年変化もまた、この家具と共に暮らす楽しみに。
長く使うものだからこそ、暮らし方に合わせて形を変える提案を。

長く使うものだからこそ、
暮らし方に合わせて形を変える提案を。

庭園や茶室、日本建築に足を踏み入れた時
その簡素な美しさと、時の経過が織りなす趣が溶け合って
「侘び・寂び」がうまれる。
日本人が遥か昔から愛したこの感覚の正体は
ひんやりと足の裏に沁みる床の温度、草花の季節を含んだ空気の匂い、陽の光や雨の音・・・
その空間を構成する全ての物事のバランスが、
心にすっと染み入る「安心感」なのではないだろうか。

Patina,とは、英語で「侘び・寂び」に近しい言葉。
私たちはこの単語に、
これからの暮らし方を重ねたい。

過剰でなく、不足もない。
絶妙なバランスの中にこそある安心感。

何気なく手に取り、毎日水を飲むガラスのコップ。
手に馴染み、たくさんの文字を綴ってきた万年筆。

主張せず使う人の動作にそっと寄り添い、
なおそのモノの機能をしっかりと果たす。
機能美が備わった逸品は、持ち主の暮らしを豊かにする。

Patina,シリーズのデザインは、
無駄を排した、シンプルな造形。
人の動作や導線を考え抜いた設計は、
暮らしにすっと溶け込み、身体に寄り添ってくれる。

経年変化を楽しみに、
共に年月を紡いでいきたい素材たち。

Patina,シリーズで使用する木材は、国産の栗材と山桜材。
木肌の美しさ・経年変化のようすなど、
現代のLD(リビング・ダイニング)にしっかり合う、日本が誇る銘木たち。

栗材は、最も古い歴史を辿ると縄文時代の住居にも使われ
日本の寺院仏閣や、線路の枕木にも使われてきた。
虫や菌を寄せ付けない丈夫な木材は、
家具に形を変えても丈夫に暮らしを守ってくれる。

木管楽器やピアノ、オルガンなどの楽器材料、
漆器の木地、道具の柄、仏壇の材料としても使用されてきた、山桜材。
磨くと上品なツヤのある光沢が、
高級な家具の材料として古くから愛されてきた。

ソファに採用したのは、
新潟県産のコットン100%のファブリック。
洋服のように心地よく纏い、頬ずりしたくなる感触。
使うほどになじむ、素肌に近い存在感。

ステンレスや鉄などの素材が一般的な脚部は、真鍮に。
鈍く光を取り込む独特な素材感が、デザインのスパイスとなる。

栗材や山桜材は年月を追うごとに艶を増し、
綿のファブリックは柔らかく肌に馴染んでゆく。
真鍮は環境によってその色を変え、
何十年もかけて、自分だけの色に家具を育ててほしい。

変化の妙を面白がる発想と、
職人技が手を組んだ構造。

朝倉家具が、創業から大切に受け継いできた
100年ものの家具を作り出す技術の数々。
その技を集結させた丈夫な構造が、Patina,シリーズの強みの一つ。

暮らしは、年代・性別・環境によって移り変わる。
その変化を人の面白さと捉え、
家具の形や使い方を、使う人に合わせていく考え方。

柔軟なアイディアと培ってきた技術があってこそ実現できる、
丈夫で柔軟な家具を目指して。

Patina, 商品一覧

  • coming soon !!

    Patina,シリーズ、近日発売予定です。今しばらくお待ちください!