SNOW BEECH furniture

雪国新潟のブナ材
「スノービーチ」の
オリジナル家具

新潟県産ブナ=スノービーチは、端麗かつ躍動的で様々な表情を持っています。
自然のありのままを取り入れる『生態デザイン』という概念をベースに、
snowbeech projectの中から生まれたオリジナル家具ブランドです。

美しく、表情豊かなスノービーチ材

スノービーチは新潟の豪雪地帯で育ち、
冬の間じっと積雪を耐えたブナの木です。
雪解けの綺麗な水を吸収した透明感のある白い木肌と、
まるで絹のように滑らかな手触りは、私たちを魅了します。

一方、比較的標高が低い山のスノービーチは、
カミキリムシの幼虫や腐朽菌が樹木に入り込みます。
これによって芯が変色し、材にした際には褐色の模様が生まれ、
さながら自然が生み出したアートのような
躍動感あふれる表情を生み出します。

奥ゆかしいほどの繊細さと、豊かな自己表現が両立したスノービーチは、そのギャップが融合することで何とも形容しがたい魅力を放つのです。

生態デザイン

私たちは、スノービーチの豊かな表情を一つの家具で表現する際に、
『生態デザイン』という定義を用いることがあります。
スノービーチプロジェクトの発起人である
新潟大学の紙谷智彦名誉教授によって考案された定義で、
自然のありのままをデザインに活かすという考え方です。

変色部分『偽心材』や虫に喰われた『穿孔材』さえもデザインに取り込むことで、無垢家具の表現の幅を広げることができます。

例えば、テーブルの天板には偽心材を用いることで、
一見するとブナとわからないほどの豊かな表情が現れます。
また脚部に穿孔材を用いる場合、バーナーで焼き塗装を施すことで、
朽ちたような印象が生まれ、味わいのある風合いを実現することができます。

スノービーチと向き合う職人

通常、無垢材の家具であっても
節やキズをよけて使用することが家具づくりのスタンダードとされてきました。
しかし、スノービーチ材を扱う場合において、
その豊かな表情を活かす為の木取り(レイアウト)は、特に柔軟な感性で挑まなければなりません。
確かな技術や経験はもちろんのこと、
木工の本質である『木と向き合う』という
職人の技が必要不可欠なのです。

また、ブナ材の弱点と思われてきた「反りやすさ」も、
個性として愛し、デザインの中に取り入れます。
天然木ならではの経年変化も、スノービーチ材の楽しさです。

木の声を聞き、自然が生み出した模様を優しく手でなぞると
二つとないその表情に、愛おしさが湧いてきます。
スノービーチは、人に備わっている自然を愛する感性を
身体の奥から引き出してくれるように感じます。

持続可能なモノづくりを目指して

地域の山にある資源を計画的に有効活用する。
その結果、山に仕事が生まれ街に活気が生まれる。
私たちはブナ林による持続可能なモノづくりを目指したいと思っています。

また、SNOW BEECH furnitureが皆さまの暮らしの中に、
癒しと活力を与えてくれると嬉しいです。

SNOW BEECH furniture
商品一覧

  • 【雪解けの雫】をイメージした滑らかな肌触りの抽斗(ひきだし)付きダイニングテーブル。

  • 雪ノ雫 Dining Table 用のダイニングベンチ。

  • 【雪解けの雫】をイメージした滑らかな肌触りのデスク。

  • 小中一貫校のために製作したチェアをリデザインしたダイニングチェア。

  • シャープで浮遊感のあるスノービーチの座卓。

  • スノービーチの豊かな表情を最大限に取り入れた大迫力の『生態デザイン』テーブル。

  • 桐×ブナ=KIBURINA(キブリナ)がコンセプトのダイニングチェア。

  • 桐×ブナ=KIBURINA(キブリナ)がコンセプトのラウンジチェア。